2018年08月07日

女性はうつ状態にならないためにヘム鉄をしっかり摂取するのがポイント

女性に不足がちな鉄分は、体にも脳にも欠かせないもの

誰もが体に持っている鉄分。この鉄分が減ってしまうと、うつ状態に陥るリスクも高くなります。

鉄には体内に酸素を運ぶ働きがあり、脳にも酸素を運んでいます。鉄分が減ると、脳が酸素不足になり、集中力低下のもとになります。また、鉄分が不足すると酵素の働きが悪くなり、脳内神経伝達物質のセロトニンの生成がうまくいかなかったり、ドーパミンをキャッチする受容体の機能が低下したりして、神経伝達がスムーズにいかなくなります。

こういった状態が続くと、快感や意欲を感じにくくなり、疲労感やイライラがつのり、うつ状態に結びつくこともあります。鉄分不足は、貧血、動惇やめまい、頭痛など体の不調も引き起こします。女性は、生理や出産、ダイエットなどで鉄分不足になりがちです。体内の鉄分のほぼ3分の2は、赤血球の申のヘモグロビン鉄( ヘム鉄)ですから、食事などから常時、補給する必要があります。

ただ、近年は、土壌自体に含まれる鉄分も減り、自然の食物からも鉄分がとりにくい環境です。鉄分豊富な食生活が基本ですが、サプリメントなども上手に活用して、積極的に鉄分をとりましょう。

女性のうつ病に詳しくはこちら。
posted by woman at 13:53 | コラム