2010年07月19日

パソコンインストラクター

業務の効率化、省略化のカギを握るパソコンも十分に使いこなせなければただのおもちゃです。パソコンの知識を生かして、初心者にもわかりやすく操作方法を指導する「パソコンインストラクター」は、きめ細かくソフトな対応ができる女性には最適の職業です。

パソコンインストラクターってどんな仕事?

パソコンインストラクターの主な仕事は、パソコンの展示場、ショールームなどでパソコン操作のデモンストレーションを行ったり、企業の社員講習会などに出向いてパソコン操作指導やアドバイスを行うことです。
お客様のニーズを適格に把握し、質問に答えるなどコンサルタント的な要素も求められます。
パソコンの基本的なしくみやソフトの操作方法など、豊富な知識が必要となりますので、「パソコン検定試験(P検)」「マイクロソフトオフィシャルトレーナー(MOT)」「エクセル表計算処理技能認定試験」などの資格を取得しておくと、就職の際に便利です。なかでも「パソコン検定試験(P検)」は、最もスタンダードな資格でレベルによって1〜6級までに分かれます。一般企業で即戦力として働くには、3級以上、2級はインストラクターおよび部門リーダーレベル、準1級・1級をもっていればシステム構築やネットワーク管理のスペシャリストとして活躍することが可能です。
パソコン検定の試験に関する情報はこちら
Excel表計算処理技能認定試験に関する情報はこちら

パソコンインストラクターの活躍の場は?

ショールームや展示場、企業の社員研修・講習会、パソコン教室などがおもな活躍の場です。コンピューターソフトメーカーの正社員採用やショールームとの契約のほかに、人材派遣会社に登録する人も多く、登録希望職種の上位を占めています。派遣先は、OA機器メーカーや企業内研修、派遣会社の顧客向け研修会などです。
ビジネスシーンの中でパソコンを活用する機会は、どんどん増えており、初心者にも優しく応対し、丁寧な指導ができる女性インストラクターの仕事ぶりが注目されています。今後も女性の活躍が大いに期待できるでしょう。

こんな人にベストマッチ

パソコンインストラクターは、パソコン操作のスペシャリストですから、各種パソコンソフト、パソコンの基本となるOS、インターネットなどに関する幅広い知識が求められます。新製品の情報は常にアンテナをはり、新しい知識を積極的に身につけていく姿勢も欠かせません。
インストラクターと言っても実際にはパソコンの基礎知識だけでなく、接客業となるため、ていねいな言葉遣いや好感を持たれる対応などが大切です。

仕事に就くまで

  • パソコンインストラクター講習などを受講
  • パソコン検定試験、エクセル表計算処理技能認定試験、各種ソフトウェア認定試験などにチャレンジし資格取得
  • ソフトウェア会社などに就職
  • 人材派遣会社に「「パソコンインストラクター」として登録
  • インストラクターとしてショールーム、企業研修などで活躍

評判のパソコンインストラクターに関連する書籍

パソコンインストラクター
posted by woman at 13:44 | マルチメディア・IT