2011年01月31日

スポーツ分野での仕事一覧

ここ最近の健康ブームも影響してか一般の人たちにもスポーツや体を動かす機会がふえてきました。しかし、素人が突然に体を使うようになると事故やケガを起こしてしまうケースもあります。そこで指導者やインストラクターが必要になるわけです。
その分野でスペシャリストになることももちろん重要ですが、一番基礎的な部分がステップアップの際には重要なカギとなる場合が多いようです。

資格名資格の概要
健康維持や体力づくりのために運動を始めたいと思っても、何をしていいのかわからない人も多い。そんな時、頼りになるのが、スポーツプログラマー、フィットネストレーナーと呼ばれる運動のプロです。一人ひとりの体力や希望に応じて、適切な指導、アドバイスをします。
スクーバダイビングインストラクタースポーツ関連ライセンスで人気ナンバーワンの資格。マリンスポーツ「ダイビング」を安全で快適に楽しめるよう、器具の使い方やスキルなどを指導する。海で行うスクーバダイビングイは魅力満溢れるスポーツではありますが、常に危険と隣りあわせであるため、その責任は重大です。
ゴルフインストラクターゴルフインストラクターは、一般にレッスン・プロといわれ、プロゴルファーをめざす人や趣味としてゴルフを楽しむ人たちに、基礎か上達のコツまでさまざまなテクニックを教えます。女性ゴルフファンの増加に伴い、女性インストラクターのニーズも高まっています。
スイミングインストラクターここ数年、健康目的以外にもレクリエーションやリラクゼーションとして水泳を始める人が増えています。また、幼児や小学生対象の水泳教室も相変わらず人気で、優秀な指導者は慢性的に不足ぎみ。資格があれば、就職の際にも強い味方となるでしょう。
ダンス教師若い女性のあいだでダンス人気が急上昇です。さまざまなダンスがあるので、自分を目指すジャンルをはっきりと決め、なるべくレベルの高いスクールなどでテクニックや知識を磨くのが、ダンス教師への近道といえるでしょう。社交ダンスからフラメンコまで様々な種類があります。
健康運動指導士健康運動指導士とは、医師などの保健医療関係者と連携し、生活習慣病の予防や健康水準の保持・増進を目指していくものです。人の心身の状態に応じた安全で効果的名運動を実施するための運動プログラムの作成と指導を行います。2007年度から養成カリキュラム、資格取得方法が変更されています。
posted by woman at 18:21 | スポーツ好き