2011年01月28日

硬筆書写検定

硬筆書写検定って?

硬筆書写検定(旧ペン字検定)は、文部科学省認定の試験で、硬筆書写の実技と理論の試験による能力検定です。パソコン使用が日常化している現在ですが、文字をきれいに、そして正確に書く能力は、やはりことあるごとに必要です。学生は就職活動時の履歴書や試験に、この資格を取っておけばポイントが高いでしょう。特に2級以上の取得者は就職に有利ともいわれています。また、一部の学校では授業の一環として、この検定を取り入れているところもあります。毎年6万人の合格者を輩出し、公私ともに役立つ資格といえます。

硬筆書写検定の資格を活かした活躍の場は?

2級以上を取得しているのなら企業、官庁、結婚式場、などで。難関の1級に合格すると、指導者レベルの実力と認定されます。
個人で書道教室を開く。といった活用方法もあります。
丁寧にキレイに、美しく正しい字を書ける能力は、どのような職種においても重宝されます。
転職、就職には圧倒的に有利といえる資格です。

こんな人にベストマッチ

学生からOL、サラリーマンまで幅広い層に向いています。きれいな文字は想像以上に人からの印象を高めるものです。

硬筆書写検定の資格取得のための受験ガイド

受験資格

特に制限はない

試験内容

4級から1級まであり、それぞれ実技と理論がある
※片方のみ不合格の場合、次回とその次の回のみ有効

受験料

5級/1000円
4級/1300円
3級/2000円
2級/3000円
準1級/4000円
1級/5000円

問い合わせ

財)日本書写技能検定協会

硬筆書写検定に関連する本

硬筆書写検定

posted by woman at 18:21 | 手仕事