2011年01月26日

ファッション分野での仕事一覧

ファッション分野は女性が得意とする定番の分野です。ブランドのイメージや最近のトレンドを考慮し、アイデアを生み出すデザイナーを筆頭に、素材の手配、アイデアを形にするパタンナーなど実際の縫製に携わる職人など、さまざまな仕事があります。
プランニングよりの仕事と実際に現場で仕事をする職人よりの両方がありますが、両方できると需要がぐっと高まります。
近年の不況から、掛け持ちするケースも増えています。

資格名資格の概要
洋服のデザイン以外にも最近では、帽子やアクセサリーなどの小物まで、トータルに演出するデザイナーが増えてきました。能力さえあれば自分のブランドや店を持つことも夢ではありません。コンクール入賞などをめざして、プロへのチャンスを目指します。
テキスタイルデザイナーファッションやインテリアに使用される多種多様な布地をセンス良くデザインする仕事です。洋服地やハンカチなどが一般ですが、最近の和服人気に伴って、着物地の織り、染からデザインまでできるオールラウンドなデザイナーの需要が高まっています。
パタンナー素晴らしい洋服のデザインは型紙によるところが大きいものです。その型紙を作るのがパタンナーの仕事で、デザイナーのイメージを的確にくみとり、デザイン画を立体化していくことが仕事です。フリーになれば在宅でもできるので、女性に向きで長く続けられる仕事です。
帽子デザイナー最近の帽子は、ファッションイメージを決める重要なアイテムとして、ファッションには欠かせないアイテムとなっています。常に安定した需要を保っているので、技術さえあれば、就職先も比較的多く、フリーデザイナーとして活躍する人も多くいます。
ジュエリーデザイナー最近では、ジュエリー大切なおしゃれアイテムで、ジュエリー人気に伴って、さまざまなニーズに応えられる実力のあるデザイナーが求められています。年齢に関係なく、フリーとしても活躍できるので、女性にとっては特に将来性のある分野で魅力のある仕事です。
シューズデザイナー靴の大切さはそれほど実感しませんが、最近では健康と深いかかわりがあることも指摘されるようになりました。。特に女性の靴は、機能性とデザイン性の両方を兼ね備えたものが少ないため、優秀なデザインの登場が待ち望まれています。
スタイリスト広告や雑誌のモデル、テレビに出演する芸能人などのファッションをコーディネートしているのがスタイリストです。その活躍分野はファッションだけにとどまらず、料理やインテリア、雑貨など、多岐にわたります。
カラーコーディネーターファッションからメイクアップまで、カラーアドバイスから、企業の商品企画や快適な空間づくりのための色彩計画まで、そのフィールドは非常に多彩です。資格としてはまだ新しく、まさにこれからが期待される旬の職業です。色のもつ様々な効果についても注目されています。
貴金属装身具製作技能士金・銀・プラチナなどを材料にして、ネックレスや指輪、ブローチといったアクセサリーを製作するのが仕事です。また、指輪のサイズ直しや宝石のリフォームも手がけます。
きものコンサルタントきものコンサルタントは、文部科学・経済産業大臣の認可によって設立された(社)全日本きものコンサルタント協会の試験を受け、合格した人に認定される資格です。
フラワーデザイナーパーティー、披露宴、花嫁のブーケなど生花をより美しく生活に生かすのがフラワーデザイナーの仕事。

posted by woman at 18:02 | ファッション

フラワーデザイナー

パーティー、披露宴、花嫁のブーケなど生花をより美しく生活に生かすのがフラワーデザイナーの仕事。資格は3〜1級の3区分で知識や技能別に。2008年4月より従来の自由花材編と指定花材編を統一した新しい制度に変更。

フラワーデザイナーって?

花束を始め、ブライダルブーケやドレスを飾るコサージ、空間を演出するフラワーアレンジメントなど、さまざまな花を使って花の装飾を行うのがフラワーデザイナーです。
フラワーデザイナー資格検定試験は、(社)日本フラワーデザイナー協会が認定している資格。3級〜1級があり、プロを目指す人たちの目標にもなっている資格です。
フラワーデザイナーの資格取得のための詳しい受験ガイドはこちら

フラワーデザイナーの活躍の場は?

フラワーショップやホテル、結婚式場などがフラワーデザイナーの活躍の場になることは言うまでもありません。フラワ一教室を開いたり、ホテルやレストランなどと契約してフリーで活躍している人も
います。

こんな人にベストマッチ

きれいに見える仕事ですが、花を大量に扱うことも多く、意外に体力を使います。
水を使うので、特に冬などは、手が荒れるといったつらい面もあります。
生花を扱うので細かな気配りをしなければなりませんし、裏方としての根気も求められる
仕事です。手先の器用さも必要でしょう。

仕事に就くまで

  • スクールなどで必須単位を取得
  • 3級フラワーデザイナー資格検定試験の受験・合格
  • 実務経験、勉強を行い上級試験にチャレンジして受験・合格
  • フラワーショップ、ホテル、結婚式場などに転職、就職

フラワーデザイナーに関連する本

フラワーデザイナー
posted by woman at 17:47 | ファッション

きものコンサルタント

きものコンサルタントって?

きものコンサルタントは、文部科学・経済産業大臣の認可によって設立された(社)全日本きものコンサルタント協会の試験を受け、合格した人に認定される資格です。
日本の伝統美である和装に関する総合的な知識や技術の普及を目的としているもので、有資格者は着装の技術だけでなく、和装のすばらしさや礼法なども教えるコンサルタント
として活躍しています。着装教室を開いたり、デパートで販売に携わるなど、資格の活かし方は人によって様々です。
協会の認定校である、装道きもの学院(全国に9校)で6か月間の講習を受け、卒業試験に合格すると9級の資格が得られますので、この方法が近道。また協会では、試験直前に受験のための講座(2日間)を東京で実施していますので、受験者はこの講座への参加がおすすめです。

きものコンサルタントの活躍の場は?

着装教室の開講、カルチャー教室などの講師、デパートや専門店に就職して着物の販売やアドバイスに携わったり、結婚式場や美容院での着装など、活躍の場は幅広く
存在します。美容院や結婚式場と契約して週末だけのサイドビジネスにしている人や、フリーで活躍している人もいるようです。9級に合格すると、装道きもの学院認可の着物教室を開くこともできます。

きものコンサルタント資格取得のための受験ガイド

受験資格

9級/認定校である装道きもの学院で6か月の講習を修了。
10級/
  • きものの着装指導について2年以上の実務経験のある人 
  • きものを教える学院及び教室の卒業生で220時間以上きもの
  • そのほか当協会が資格ありと認めた人

試験内容

1次 筆記/服飾史の概要、着物や帯、小物などの種類、素材の知識、調和美、仕立て・着装のポイント、着物のマナー、管理方法など
2次 実技/着装実技、説得能力、指導能力、きものコンサルタントとしての演出能力(自装・他装)

試験時期

年1回例年10月上旬〜中旬

受験料

7500円
合格者は認定登録料47250円
(社)全日本きものコンサルタント協会会費7000円(1年分)が必要(税込)

問い合わせ

(社)全日本きものコンサルタント協会
posted by woman at 17:33 | ファッション

貴金属装身具製作技能士

貴金属装身具製作技能士って?

金・銀・プラチナなどを材料にして、ネックレスや指輪、ブローチといったアクセサリーを製作するのが仕事です。また、指輪のサイズ直しや宝石のリフォームも手がけます。
熟練された職人技が要求されるので、原則として実務経験を積まなければ、受験資格を
得ることはできません。石のの特性を学び、金属の加工法から機械や工具の安全衛生
まで幅広い知識を得ることが必要です。資格取得後、デザインカをつけてデザイナ一に
なる道もあります。

貴金属装身具製作技能士の活躍の場は?

主に宝飾店や工場で活躍します。また、独立して個人客から仕事を受けたり、百貨店などの宝飾売場と契約して活躍している人もいます。

こんな人にベストマッチ

細かい作業ですから、手先の器用さと集中力が必要。独立したならお客さんとの渉外も
あり、経営手腕も問われます。お客さんの多くは女性なので、流行に敏感で、美的センス
のある女性にビッタリの仕事。また、常に新しい発想や感覚を磨く努力を怠らない人に
向いています。

仕事に就くまで

  • 実務経験2年以上・専門学校修了
  • 2級受験・合格
  • さらに実務経験を積む
  • 1級受験・合格

posted by woman at 17:17 | ファッション

色彩検定

色彩検定って?

(社)全国服飾教育連合会(A・F・T)が主催するもので、文部科学省が後援する検定試験です。
ファッション、インテリアだけでなく、あらゆる製品のコーディネートから都市計画に至るまでの色彩計画、個人向けのカラーアドバイスなど色彩に関連する幅広い分野に対応します。
有資格者の仕事には、企業内で商品デザインの一環として製品のカラーコーディネートを行ったり、都市や建築物の色彩計画、個人を対象にしたファッションやメイクのカラーアドバイスなどが挙げられ、色彩のスペシャリストとしてカラーコーディネーターとして様々な業界、分野で活躍できます。

色彩検定資格取得のための受験ガイド

受験資格

特に制限なし

試験内容

  • 3級
  • 色彩の働き、色の三属性と色立体、色の合理的効果、ファッション、インテリア、環境などの色彩に関する基礎的な知識
  • 2級
  • 色紙と文化、光の性質、配色技法、環境色彩計画などの専門的な知識
  • 1級
  • 色彩管理、色の知覚、ファッション、プロダクト、インテリアなどの実務的な知識
※1級のみ1次、2次の二段階方式で一部実技試験がある。

試験時期

3・2級…年2回…6月・11月
1級…年1回…11月

受験料

  • 3級…7.000円
  • 2級…10,000円
  • 1級…15.000円

問い合わせ

社)全国服飾教育連合会

色彩検定に関連する本

色彩検定
posted by woman at 17:08 | ファッション