2011年01月26日

建築・インテリア分野での仕事一覧

建築、インテリア関連の仕事は女性に向く仕事と女性に向かない仕事があります。女性の細やかな気づかいや、女性としての立場を生かした資格をあげています。建築・インテリア分野での資格、仕事は、基本的に手に職をつけることからはじめるため、年数を重ねると経験や努力が実を結びそれなりに評価されるため、ある程度の年齢に達したときにやりがいを感じることが多いようです。
常日頃から技術や知識を向上させるための努力が大切です。

資格名資格の概要
住宅・インテリア業界をで女性に人気の高い職業です。女性ならではの細やかな感性などが存分に発揮できるkとと、生活体験が長いほどブラスになるというのが、その理由です。ベテランになれば、メーカーなどと直接、契約を結んでフリーで働くことも可能となる資格&仕事です。
照明コンサルタント照明はありとあらゆる空間作りにおいて大きなポイントを占める要素のひとつです。照明コンサルタントは、場所や用途に応じて快適な照明プランを考案したり、アドバイスを行うのが仕事です。明かりの演出家として、インテリア・建築部門等でニーズが高まっています。
キッチンスペシャリスト使う人のニーズに合わせて、より機能的で安全、しかもインテリア性を兼ね備えたキッチンづくりを企画・提案するのがキッチンスペシャリストの仕事です。キッチンに立って仕事をする人に対してありとあらゆる面をサポートいします。結婚後も続けられ、主婦としての経験やセンスが生かせるので、プロとして活躍する人の半数以上が女性です。
CADオペレーター少しまでなら設計や製図、あるいはトレースといえば、製図台に向かって手書きで行うものでしたが、最近はコンピュータを用いるのが普通になりました。そうした作業を行うのがCADオペレーターで、専用ソフトを用いて建築設計をはじめとしてさまざまな分野でニーズが高まっています。
DIYアドバイザーDIYとは[Do It Yourself]の略で「自分でやってみよう」という意味です。住宅の補修や改築、庭作りなどもともと専門家にまかせていた仕事を自分の手でやろうという考え方を指しています。

posted by woman at 18:29 | 建築・インテリア

DIYアドバイザー

DIYアドバイザーって?

DIYとは[Do It Yourself]の略で「自分でやってみよう」という意味です。住宅の補修や改築、庭作りなどもともと専門家にまかせていた仕事を自分の手でやろうという考え方を指しています。イギリスで生まれたこの言葉はその後アメリカでも発達し、日本では1972年に初めてDIYにもとづく大型ホームセンターができました。
DIYアドバイザーは、ホームセンターやDIY専門店で顧客サービスにあたり、工具の種類や使い方、材料の選び方についての質問に答えたり店が開催する工作教室、ガーデニング教室で教えたりという仕事をします。
ホームセンターなどの従業員採用は一般企業と同じで、新規学卒者の正社員採用、パートアルバイト採用などが行われています。就職に際して特別の資格は必要ありませんが、次に説明するDIYアドバイザー資格を持っていると有利になることもあります。日本DIY協会の調査では、平成15年現在DIY関連小売業の店舗数は約3860店舗、総売上は約3兆9210億円にのぼります。

こんな人にベストマッチ

DIYに興味、関心を持ち、また、お客様の相談にのることが主な仕事ですから、接客が好きな人に適しています。住まいや暮らしに関連する分野なので、きめ細やかな対応ができる女性アドバイザーの活躍が期待されています。

DIYアドバイザー資格取得のための受験ガイド

受験資格

験が行われる年度の4月1日に満18歳以上

試験内容

  • DIY用品に関する知識
  • DIYの方法に関する知識
  • DIYの関連法親に関する知識など

2次(実技・面接)/1次試験合格者・免除者対象で、実技はDIYに関する実技の能力、面接は指導・助言を行う能力を見る
※1次試験合格者で2次試験不合格等の場合、翌年度及び翌々年度の2回にわたり1次試験が免除される

受験料

13650円

問い合わせ

社)日本ドゥ・イット・ユアセルフ協会

DIYアドバイザーに関連する本

DIYアドバイザー
posted by woman at 18:26 | 建築・インテリア
2010年08月05日

CADオペレーター

少しまでなら設計や製図、あるいはトレースといえば、製図台に向かって手書きで行うものでしたが、最近はコンピュータを用いるのが普通になりました。そうした作業を行うのがCADオペレーターで、専用ソフトを用いて建築設計をはじめとしてさまざまな分野でニーズが高まっています。

CADオペレーターってどんな仕事?

CAD(キャド)とは、Computer Aided Design Systemの略でコンピュータを用いて設計・製図・デザインを行うシステムのことです。これまでは設計者が描いた図面を手書きでトレースしていましたが、最近は、CAD用の専門ソフトを使えば、画面上で効率よく製図などができるようになりました。そうしたシステムを用いて用途に応じた図面を制作するのが、CADオペレーターの仕事です。さまざまなジャンルで需要が高まっていますが、女性のスペシャリストはまだかだ少なく、人手不足の状況です。コンピュータの機種自体も常にリニューアルされていくため、新しい機種にも対応できる優秀なオペレーターが求められます。資格がなければ仕事ができないわけではありませんが、民間資格として、(社)日本パーソナルコンピュータソフトウェア協会が実施している「CAD利用技術者試験」があります。取得しておけば、就職・転職に有利になるのはもちろん、社内で昇格・昇給にあたっても、大きな評価の材料となるはずです。
CAD利用技術者試験の試験に関する情報はこちら

CADオペレーターの活躍の場は?

CADはいまや、設計・製図の分野においては欠かせないシステムとなりました。建設業界での需要が最も高くなっていますが、ほかにも機械メーカーや家電・重電メーカー、自動車・航空機業界、通信業界など、活躍の場はますます広がっています。今後は、アパレル関係のデザイン部門での需要も期待できそうです。また、熟練者になればCADユーザーに操作方法を教えるインストラクターとしての道も開けています。

こんな人にベストマッチ

細やかな神経が必要とされる仕事なので、どちらかといえば女性向の仕事といえるでしょう。また、コンピュータなどのOA操作が苦にならず、根気良くじっくり仕事に取り組める人に向いています。さらに、次々と登場する最新のコンピュータソフトや携わる分野の関連知識も必要とされるため、常に向学心をもって仕事に臨む姿勢も求められます。

仕事に就くまで

  • 専門学校や通信教育で勉強
  • 建築会社や設計事務所などで実務経験を積む
  • 「CAD利用技術者試験」2級を受験、合格
  • 就職・転職に役立てる
  • 経験を積み「CAD利用技術者試験」1級にチャレンジ

評判のCAD利用技術者試験に関する本

CAD利用技術者試験

CADのスクールに無料資料請求してみる

CAD・パースの資格情報
posted by woman at 16:24 | 建築・インテリア
2010年08月04日

キッチンスペシャリスト

使う人のニーズに合わせて、より機能的で安全、しかもインテリア性を兼ね備えたキッチンづくりを企画・提案するのがキッチンスペシャリストの仕事です。キッチンに立って仕事をする人に対してありとあらゆる面をサポートいします。結婚後も続けられ、主婦としての経験やセンスが生かせるので、プロとして活躍する人の半数以上が女性です。

キッチンスペシャリストってどんな仕事?

キッチンスペシャリストの主な仕事は、お客様の要望に合わせて、よりよいキッチンづくりを提案することです。使う人のライフスタイルや家族構成、体の大きさなど、ありとあらゆる要素を考慮した上で、調理のしやすさ、安全性などはもちろん、インテリアとしても優れたキッチン空間をプランニング、プロディースします。具体的には、設備や家具のレイアウト、カラーコーディネートなどを行いますが、豊富な商品知識も欠かせません。設計・施工の知識はもちろん、常に新しい知識を積極的に吸収しようとする前向きな姿勢が必要です。資格がなくてもできる仕事ですが、、(社)日本住宅設備システム協会が、1988年から資格認定制度を設けています。設計・インテリア業界における注目度はかなり高いので、取得しておけば就職や転職の際に有利となるでしょう。

キッチンスペシャリストの活躍の場は?

キッチンの機器メーカー、設計事務所、工務店、リフォーム会社などがおもな活躍の場となります。キッチンスペシャリストになるための勉強をするには、専門学校に通ったり、そうした会社に見習いとして入ったりするのが一般的です。いずれにせよ資格を所得しておけば、プロとして活躍できるチャンスがつかみやすく、また、現在、仕事についている人の場合は、待遇面でのレベルアップや昇格が期待できます。
実務経験をしっかり積んで腕を磨けば、フリーのコーディネーターとして活躍する道も開けるでしょう。食に対する関心の高まりとともに、キッチンをより使いやすく、快適な空間にしたいというニーズは高まる一方です。料理好きな人がキッチンを使いやすくしたちというニーズは高まる一方です。新築時のプラン作成はもちろん、リフォームの需要も着実に増えており、活躍の場はますます広がっていくでしょう。

こんな人にベストマッチ

お客様の要望を的確につかんでプランに反映させるためには、やはり、自分も料理が好きで経験も豊富なことが望まれます。さらに、より居心地がよく使いやすいキッチンにするためのアイディアを、普段の生活の中なら見つけ出そうとする発想力やセンスも欠かせません。ちょっとした「気づき」が仕事に繋がるケースも少なくありません。
また、接客業務が主体となるので、人と話したりするのが好きで、誠実な態度で応対できる人に向いています。生活経験をそのまま仕事に生かすことができ、年齢制限もないので、女性が一生続けていくに最適の仕事です。

仕事に就くまで

  • 専門学校などで勉強
  • キッチンメーカー、設計事務所などに見習いとして実務経験を積む
  • 「キッチンスペシャリスト」の認定試験を受験、合格
  • 「インテリアコーディネーター」二次試験を受験、合格
  • キッチンメーカー、設計事務所などに就職・転職。実力しだいでフリーへの道も
  • 昇格、昇給に役立てる

キッチンスペシャリストの資格取得方法

受験資格

学科・実技を同時に受験できるのは、満23歳以上、または23歳未満で実務経験3年以上の人。学科のみ受験する場合は、年齢、実務経験を問わない。年齢や受験準備の状況などに応じ、次の3受験コースから選択できる。
  • 総合コース:学科・実技両方を受験
  • 学科コース:学科のみ受験
  • 実技コース:学科合格後(免除期間は3年)、実技のみ受験

試験内容

  • 学科:住居と食生活、キッチン空間・機能・設計施工・販売に関する知識
  • 実技:図面を含む企画提案に関する筆記試験

試験日

11月下旬

問い合わせ先

(社)日本住宅設備システム協会
〒104-0032 東京都中央区八丁堀1-3-2 佐藤ビル5F
TEL 03-5540-4433
http://www.jhesa.or.jp/

評判のキッチンスペシャリストに関する本

キッチンスペシャリスト

posted by woman at 14:34 | 建築・インテリア
2010年08月03日

照明コンサルタント

照明はありとあらゆる空間作りにおいて大きなポイントを占める要素のひとつです。照明コンサルタントは、場所や用途に応じて快適な照明プランを考案したり、アドバイスを行うのが仕事です。明かりの演出家として、インテリア・建築部門等でニーズが高まっています。

照明コンサルタントってどんな仕事?

一言で照明といっても、白熱灯、蛍光灯、最近ではLEDなど様々な種類があり、明かりひとつでその空間の雰囲気はガラリと変わってしまいます。食事をする部屋、家族団らんの部屋、勉強をする部屋、風呂場や洗面所など、一軒の家の中でも、その用途に応じた照明が必要となります。また、オフィスでは仕事がしやすい照明環境が求められ、店舗などでは商品やサービスをより効果的にアピールする手段の一つともなっています。照明ひとつで店の売上が大きく変わることもめずらしくないだけに、設計・建築・インテリアにおいて大変重要な要素といえるでしょう。ディスプレーも照明との関わりが非常に深くなっています。これまでは、設計士やインテリアコーディネーター、あるいは照明メーカーの販売員などが、そうした照明計画や設計を行ってきましたが、最近、照明のスペシャリストとして照明コンサルタントという仕事が確立されてきました。主な仕事は、一般住宅から店舗、ホテル、スタジアムなどのさまざまな照明プランを設計図に基づいて練ること。実際の工事に立ち会う場合もあります。資格がかければ仕事ができないわけではありませんが、照明スペシャリスト養成機関として長年の実績がある(社)照明学会が実施する照明基礎講座を受講すれば、照明コンサルタントの認定証が取得できます。

照明コンサルタントの活躍の場は?

住宅・照明メーカー、設計事務所、工務店、照明販売店、デパートなどの照明器具売り場が、照明コンサルタントのおもな活躍の場です。最近では、ホームセンターなどでも専門の照明コーナーが設けられています。お客様の要望に合わせてプランを作ったり、アドバイスを行います。扱う分野は、一般住宅から、店舗、ホール・スタジアムなどの施設までと幅広く、会社やニーズの多様化とともに、今後もハイレベルな照明環境が求められていくでしょう。

こんな人にベストマッチ

単に照明器具を選ぶだけではなく、取り付けや配線、省エネルギーなどといった技術的な知識や技能も必要とされます。電気関係などの技術的なことが得意で、なおかつ、インテリア的センスとコーディネート感覚をあわせもつ人に向いている仕事です。よくいわれる「今風」だけでなくスタンダードな技術も基本としてほしいところです。
また、お客様の相談にのったり、照明器具の販売を行うこともあるので、ていねいで親切な対応ができなければなりません。建物を完成させるまでには、途中で照明プランを変更せざるを得ないことも少なくないため、臨機応変さも求められる仕事です。

仕事に就くまで

  • 照明基礎講座の通信教育(1年間)を受講(問題解答60点以上で合格)
  • スクーリングを聴講
  • 「照明コンサルタント」の認定証を取得
  • 照明メーカー・販売店、住宅メーカー、設計事務所などに就職
  • 「照明士」の資格取得に向けて実務経験を積む

評判の照明コンサルタントに関する本

照明コンサルタント
【PR】ヒューマンアカデミー
posted by woman at 21:37 | 建築・インテリア