2011年01月24日

福祉分野の仕事一覧

福祉分野で働くと言うこと


福祉の分野においては、現在、日本の高齢化に伴うお年寄りのケア、それから障害者のケアのふたつがあります。
このふたつは酷似しているようにみえて対応は異なります。ですが、共通している部分はやはり「感性」といえるでしょう。少し無責任な言い方に聞こえる人もいるかもしれませんが、福祉分野で働き続けるにはとても重要なものなのです。この理由はやはり人間相手、それもかなり近距離の仕事だからだと思います。知識や技術ももちろん必要ですが、一番は利用者とどう関わりあえるか、そして自分と利用者との距離を上手に作ることができるかがとても重要になります。丁寧に対応したり細やかな対応が重要なことを考えればやはり女性に適した仕事であるといえます。

資格名資格の概要
心身の障害や社会環境下の様々な理由から日常生活を営むのに支障がある人、またはその家族がよりよい社会生活を送れるようにサポートするのが社会福祉士の仕事。活躍の場は広く、児童施設をはじめ、h障害部串、高齢者福祉など多方面に及びます。
介護福祉士は、介護を必要とする人やその家族に対して食事や入浴といった日々生活動作の介護および指導を行います。
介護という基本的でとても大切な役割を通して福祉を支える今の日本では大変にやりがいのある仕事です。
ケアマネージャー(介護支援専門員)は、介護保険制度のなかで中心的な役割を果たしている資格といえます。介護が必要か否かの判定、要介護認定の決定、介護サービスの紹介など、介護全般に携わります。福祉の充実が叫ばれる中女性にとっても非常に将来性のある資格であり仕事といえるでしょう。
自宅での介護を希望する高齢者は増加する一方ですが、実際には家族への負担が想像以上に大きかったり、あるいは独居であるケースもあったりと、個人での対応が困難な状況になっています。そんなときのためのヘルパー。介護制度に伴い今後もニーズが高まることは間違いありません。
衣食住のなかのひとつである住環境は人の生活の中でも大変に大きなウェイトを占める部分です。特にからだの不自由な人やお年寄りにとっては何でもない生活動作も大変に重労働です。住環境コーディネーターは福祉と建築の専門的立場からそうした人たちに住み良い暮らしを提案します。
臨床心理士は、高度な心理学に関連する知識と技能を用いて患者さんの心理的問題を解決します。またその心理的問題についての研究調査もあわせて行います。人間関係の悩みから精神病まで、さまざまな症例に対しカウンセリングや特殊な療法を用いて診断・診療を行います。
カウンセラーの活躍の場としては、病院、児童相談所、企業の保健センター、各種の健康保健施設、学校の学生相談室などになります。カウンセラーを目指している大学や短大で心理学を学んだ人は、公務員の心理職として、福祉相談所などの就職する道もあります。また「いのちの電話」などの窓口で、相談業務を担当する人もいます。
キャリアを積んで、自宅やマンションの一室でカウンセリング・ルームを開業する人もいます。日本におけるカウンセラーの仕事は、まだ発展途上の分野にあり、資格のみででの就職は難しくなっているのが現状です。臨床心理士などの新理系職の資格もあわせて取得しておけば、より道は開けてくるでしょう。
聴覚に障害を持つ人にとっては、手話は必要不可欠なコミニュケーションツール。手話通訳士は、手話を通じて障害者の社会参加を助ける大切な役割を担っています。最近では、ボランティア活動の高まりから手話サークルも多数でき、受験者も増加傾向にあります。
言語視覚士言語視覚士とは、リハビリテーション科や耳鼻咽喉科、歯科などの医療、福祉、保健、教育といった幅広い分野で音声・言語・構音・視覚に障害をもつ人を対象に、機能回復、獲得、維持を目的に訓練、指導、検査を行います。
視脳訓練士眼科の一般検査、弱視や斜視の視能回復の矯正訓練、集団検診、視力低下者のリハビリを主な業務とします。乳児から後期高齢者まで幅広い年齢層への対応が必要となります。
精神保健福祉士精神障害者の社会的入院が問題視されその社会復帰が緊急課題となっています。精神保健福祉士は、精神障害者の社会復帰施設などで相談、助言を行い日常生活への適応に必要な訓練や援助を行う専門職。国家資格に合格し、所定の登録を経て取得できます。
教育カウンセラー最近、日本でも不登校、学級崩壊といった子供達をめぐる問題が増加しています。
教育カウンセラーは、既に起きてしまった問題に対処するだけでなく、子供達の対人関係能力を育て、くらすなどの集団の育成をサポートすることで、子供達の悩みを軽減し、子供達の可能性を出来る限り、開花させます。
posted by woman at 18:12 | 福祉

教育カウンセラー

教育カウンセラーって?

最近、日本でも不登校、学級崩壊といった子供達をめぐる問題が増加しています。
教育カウンセラーは、既に起きてしまった問題に対処するだけでなく、子供達の対人関係能力を育て、くらすなどの集団の育成をサポートすることで、子供達の悩みを軽減し、子供達の可能性を出来る限り、開花させます。
専門教育者の養成を目指し設立された資格です。

取得まで

初級カウンセラー
  • 日本教育カウンセラー協会が実施しているカウンセラー養成講座を受講
  • 筆記試験、書類審査に合格
中級、上級カウンセラー
  • 初級取得後、実務経験と研究を積む
  • 筆記試験、実技試験の合格

教育カウンセラーの将来性

現在の資格取得者は、教師、保育士、保護司、民政委員、補導員、相談員多く、教育者がスキルアップと信用向上のために取得するケースが多い。
有資格者の中には、中学校、高等学校でカウンセラーとして勤務している人もいます。

教育カウンセラーに関連する本

教育カウンセラー
posted by woman at 18:08 | 福祉

精神保健福祉士

精神障害者の社会的入院が問題視されその社会復帰が緊急課題となっています。精神保健福祉士は、精神障害者の社会復帰施設などで相談、助言を行い日常生活への適応に必要な訓練や援助を行う専門職。国家資格に合格し、所定の登録を経て取得できます。

精神保健福祉士って?

精神障害者は差別や偏見を受けることが多く、社会に適応することが困難であるケースがあります。
精神障害を患った通院・入院患者に対し、退院後の仕事や住居、といった様々な生活のための手続きを手助けします。
その上で正常な社会復帰ができるよう助言、指導をします。精神病院や医療施設、保健所、精神障害者社会復帰施設などで働きます。
精神保健福祉士の資格取得のための詳しい受験ガイドはこちら

こんな人にベストマッチ

心の問題を抱えている様々な症状の患者とのコミュニケーションになるので思いやりをもって忍耐強く接することが大切です。
また、冷静さも大切です。
長い時間をかけて強く望まれてきた国家資格です。就職、転職には有利な資格です。

精神保健福祉士に関連する本

精神保健福祉士


posted by woman at 17:42 | 福祉

視脳訓練士

視脳訓練士って?

眼科の一般検査、弱視や斜視の視能回復の矯正訓練、集団検診、視力低下者のリハビリを主な業務とします。乳児から後期高齢者まで幅広い年齢層への対応が必要となります。
視能訓練士の資格取得のための詳しい受験ガイドはこちら

脳訓練士の活躍の場は?

眼科のある病院、診療所などです。高齢化社会に向かい、加齢による視力障害や糖尿病、高血圧などの生活習慣病と併せて治療するケースも多く総合リハビリ施設などからのニーズも高まっています。
医師の指示のもと仕事をするので独立開業という道は期待できませんが、安定した収入という面では期待できるでしょう。

視能訓練士に関連する本

視能訓練士

posted by woman at 17:30 | 福祉

言語視覚士

言語視覚士って?

言語視覚士とは、リハビリテーション科や耳鼻咽喉科、歯科などの医療、福祉、保健、教育といった幅広い分野で音声・言語・構音・視覚に障害をもつ人を対象に、機能回復、獲得、維持を目的に訓練、指導、検査を行います。現在、言語や聴覚に障害を持ち、コミュニケーションが不自由な人の数は約600万人います。その約30%は医療や福祉機関でのケアが必要な状態です。言語視覚士のニーズは今後も高まるでしょう。

こんな人にベストマッチ

言語や視覚に障害をもっている人とのコミュニケーションになるので、誠実、正義感が強く包容力のある人が求められています。

取得まで

厚労省または、文学省が指定した言語聴覚士養成所で、必要な知識の受験資格が得られます。養成所の種類は、高校卒業後の場合、3年または4年制の専修学校、短期大学、4年制大学があり、大学卒業後の場合、2年制の専修学校があります。
posted by woman at 17:15 | 福祉