2010年10月20日

接客に携わる仕事一覧

接客という仕事は、様々な仕事があります。人をもてなす仕事になりますので女性に向いた分野といえます。
スチュワーデスやバスガイドなどは女性特有の女性にしか出来ない仕事です。人と話をしたり、もてなすことが好きな人には向いている分野です。

資格名資格の概要
一流のサービスで快適な空の旅を提供するスチュワーデスは、いつの時代も"なりたい職業"の上位にランキングされる女性にとって憧れの職業です。契約社員制が導入され、採用が厳しくなった今でも、その人気は衰えるどこらか、ますます志望者は増えいます。
呼び方にスチュワーデス・客室乗務員・キャビンアテンダントと様々な名称が定着しているのも特徴です。
ブライダルコーディネーター価値観が多様化し個性の時代といわれるブライダルの世界では結婚式も自分たちらしさを取り入れたオリジナル・スタイルが人気です。
そんなカップルの心強い助っ人となるのが、ブライダルコーディネーター。思い出に残る結婚式を作り出す陰の仕掛け人です。
女性のきめ細やかなセンスと対応で評判上々の仕事です。
DIYアドバイザー住まいへの関心が高まっていく中、自分の手で自分の好きなように住居空間をつくろう!というDIYブームが広がっています。
そんな中、DIYアドバイザーのニーズも高まり注目されています。
新しい分野ですが、女性と非常にマッチする仕事です。
バスガイドかつては女性たちのおこがれの職業だったバスガイド。一時、スチュワーデスにその座を譲り志望者も減少ぎみでしたが、昨今のバス旅行ブームで、再び人気復活の兆しが見え始めています。
人気のバスガイドによるツアーなども企画されています。
占い師占いは古来より、人が悩んだ時や人生に迷った時の人生の道しるべとして、年齢・性別を問わず多くの人々に親しまれてきました。
最近では特に若い女性の間で、ちょっとした占いブームも起こっており、占い師をめざす人も増えているようです。
人が困っているときに手助けをできるのは、仕事としての価値があります。

posted by woman at 11:56 | 接客

占い師

占いは古来より、人が悩んだ時や人生に迷った時の人生の道しるべとして、年齢・性別を問わず多くの人々に親しまれてきました。
最近では特に若い女性の間で、ちょっとした占いブームも起こっており、占い師をめざす人も増えているようです。
人が困っているときに手助けをできるのは、仕事としての価値があります。

占い師の仕事って?

占い師とは、現在や将来に不安や迷いを感じている人、悩んでいる人などに「好転」のアドバイスをする仕事です。
単に未来を予測するのではなく、さまざまな相談事にやさしく耳を傾けて相談者を受けとめ、心をときほぐすカウンセラー的な役割も担っています。ひと口に占いといっても
  • 易学
  • 手相
  • 占星術
  • タロット占い
  • 顔相
  • 姓名判断
  • 四柱推命
などいろいろな種類があ占い方法も多様化しています。
いずれにしても、占いに救いを求める人々に最善のアドバイスを与えるためには、勉強を重ね、多くの人と接して「人間」を研究することが大切です。経験をある程度積まないと信頼も築けません。

占い師の活躍の場は?

人通りの多い街角、デパートの占いコーナーや占い専門館、自宅や事務所などで個人を対象に占ったり、占いを活用して組織や企業へのアドバイスを行ったりと、活躍の場、形態はさまざまです。雑誌やテレビ番組で占いコーナーをもったり、単行本などの執筆活動を中心に活動している人も少なくありません。場所や独立資金も特に必要ないので、フリーで活躍するケースがほとんどといえます。なかには、霊感などの特殊な能力を発揮して人気を集めている占い師もいますが、こうした能力を持っていなければ占い師になれないというわけではありません。しっかりと基本を勉強することで、技術が身につく占術もあります。

こんな人にベストマッチ

人と接する仕事なので、人間が好きで話し上手な人が向いています。人間的な魅力や存在感、誠実さも必要です。一般的に占い師というと神秘的なイメージがあり、そうした雰囲気をセールスポイントにしている人もいますが、それはごく少数。
親しみやすい印象を与え、相談者の依頼を得ることが何よりも重要です。相談内容などの秘密は厳守ですから、口が堅くなければいけないことは言うまでもありません。占いによって、ときに相談者の人生を左右することもあるので、占い師の責任は重大です。安易な気持ちでは務まりません。

仕事に就くまで

  • 独学で勉強
  • 占い師養成機関で勉強
  • 占い師としての経験を積む
  • 占い師として独立。占いコーナー、自宅などで営業
  • 雑誌、書籍などへの執筆活動を行う

評判の占い師に関連する本

占い師
posted by woman at 11:51 | 接客
2010年10月16日

バスガイド

かつては女性たちのおこがれの職業だったバスガイド。一時、スチュワーデスにその座を譲り志望者も減少ぎみでしたが、昨今のバス旅行ブームで、再び人気復活の兆しが見え始めています。
人気のバスガイドによるツアーなども企画されています。

バスガイドってどんな仕事

日本全国の観光名所を訪れる観光バスに乗務し、巧みな話術で名所旧跡の案内をしながら、その歴史的由来や伝統などを乗客にわかりやすく説明するのがバスガイドのおもな仕事です。説明の仕方も個性で様々あり人気のバスガイドツアーまで企画されるまでになっています。
旅の楽しみを提供する案内業務のほか、お客様が車内で快適に過ごせるよう、目的地に着くまでの間、歌を歌ったりカラオケやゲームなどの余興で場を盛り上げるのも大切な仕事のひとつ。
こうした接遇業務にほかにも、安全運行のために運転手をサポートする車掌業務なども行います。早朝出発や、旅行者に同行して旅先に宿泊をすることもあり、勤務形態はケースバイケースです。仕事のパターンも、何日間かの団体旅行や、1日・半日の観光コースなどさまざまです。動くバスの中で一日中立ちっぱなしのうえ、お客様への細やかな気配りも欠かせませんから、常に神経を張り詰めていなければなりません。肉体的にも精神的にもハードな仕事ですが、たくさんの人々との出会いは、それにも勝る魅力といえるでしょう。

バスガイドの活躍の場は?

各私鉄のバス会社、観光バス会社、各都道府県の交通局などが主な活躍の場となります。
東京のはとバスなどの定期観光バスや、修学旅行やグループ旅行といった団体旅行、旅行会社の企画旅行などのバスガイドも行います。最近では外国人観光客を対象とした観光バスも増加傾向で、どちらかといえば人手不足の状況です。また、最近は外国でのテロやSARS騒ぎの影響などもあって、国内旅行が見直される傾向にあります。一時期はマイカー、新幹線や列車、飛行機などに人気が集中していましたが、各地の伝説や歴史、昔話などに興味をもつ人や中高年の利用者のなかには、名所旧跡の説明が聞けるバスならではの旅を好む人も増えています。そうした観光バス人気に伴って、バスガイドの需要も高まっています。

こんな人にベストマッチ

業務のほとんどが立ち仕事で、ときには観光地を歩いて案内することもありますから、体力が勝負といえます。
勤務時間も不規則なので、健康であること、自己管理ができることが第一条件でしょう。顔色の悪いバスガイドさんの案内だったらお客さんも楽しくありません。
たくさんの人とふれあう仕事ですから、人と接することが好きな社交的な人、サービス精神旺盛な人が向いています。子供からお年寄りまであらゆる年代の人が、安全かつ快適にバス旅行を楽しめるよう、細やかな心づかいも必要です。小さな子供は保母さんのように、お年寄りには孫娘のように接したりと、本当に人とのふれあいが好きでないと務まりません。バスガイドの対応がバス旅行を快適にするか否かを決めることもあるので、明るさ、人柄の良さなども重要視されます。お客様を楽しませる方法については、特に訓練などをするわけではありませんから、先輩などの仕事ぶりを見て、自分で学び、考え出していく努力が必要でしょう。
また、長い旅の途中にはどんなアクシデントが待ち受けているかわかりません。そんなときも、慌てず的確に対処できる冷静さが不可欠です。

title

  • 高校、専門学校(旅行関係が有利)、短大、4年制大学卒業
  • 各私鉄バス会社、観光バス会社、各都道府県の交通局などに入社
  • 1ヶ月半〜4ヶ月程度の研修期間で、バスガイドになるための基礎をしっかり身につける
  • 研修修了後、先輩ガイドに同伴して経験を積み、バスガイドとしての実力を養う

バスガイドに関連する本

バスガイド

posted by woman at 17:36 | 接客
2010年10月14日

DIYアドバイザー

住まいへの関心が高まっていく中、自分の手で自分の好きなように住居空間をつくろう!というDIYブームが広がっています。
そんな中、DIYアドバイザーのニーズも高まり注目されています。
新しい分野ですが、女性と非常にマッチする仕事です。

DIYアドバイザーってどんな仕事?

DIYとは、"Do It Yourself"の略で、自分自身で自宅を補修したり、改修することをいいます。業者に頼まず、自分で壁紙張りやペンキ塗りなど住まいのリフォームをしたり、スペースにあった収納用品を作ったりと、快適な生活空間への関心はますます高まっています。
また自分の手で行うことにより普段、そこで生活する空間により愛着も湧きます。
作業を行う際に必要な材料や工具、DIY用品の使い方、遊び方などのアドバイス、指導を行うのがDIYアドバイザーの仕事です。DIYアドバイザーになるには、(社)日本ドゥ・イット・ユアセルフ協会(日本DIY協会)の資格試験を受け、資格を取得します。DIYアドバイザーは1983年に創設された資格ですが、有資格者はまだまだ不足している状況ですから、チャレンジするなら今がちょうどねらい目といえるでしょう

DIYアドバイザーの活躍の場は?

DIY専門店、ホームセンターなどの住生活関連ショップ、量販店のDIYコーナーなどがおもな活躍の場ですが、地域の講習会やサークルなどの講師として活躍している人もいます。
DIYは欧米を中心に世界的なブームになっています。日本でもDIY産業は3.8兆円産業といわれており、DIYアドバイザーのニーズは高まる一方です。自分の手で行うDIYはやはり楽しいものです。
これまで日曜大工といえば男性の仕事というイメージがありましたが、生活体験が豊富で暮らしの知恵をもつ女性のアドバイザーの存在に、期待が集まっています。

こんな人にベストマッチ

リフォームや日曜大工が好きで、手先が器用な人にピッタリの仕事です。アドバイザーという仕事柄、性格的には明るくて活動的な人に向いているでしょう。豊富な実務経験と知識、指導・アドバイス能力、苦情などにも臨機応変に対応できる柔軟性がもとめられます。また、DIYアドバイザーは新しい分野の仕事なので、業界をより活性化させていこうというバイタリティとやる気のある人が望まれています。

仕事に就くまで

  • 通信講座、研修会などで勉強
  • 「DIYアドバイザー」試験を受験、合格
  • DIY専門店、ホームセンター、量販店などに就職

評判のDIYアドバイザーに関連する本

DIYアドバイザー

posted by woman at 21:01 | 接客
2010年10月13日

ブライダルコーディネーター

価値観が多様化し個性の時代といわれるブライダルの世界では結婚式も自分たちらしさを取り入れたオリジナル・スタイルが人気です。
そんなカップルの心強い助っ人となるのが、ブライダルコーディネーター。思い出に残る結婚式を作り出す陰の仕掛け人です。
女性のきめ細やかなセンスと対応で評判上々の仕事です。


ブライダルコーディネーターってどんな仕事?

女性にとっては人生でもっとも華やかで幸福なイベント、結婚式。
ブライダルコーディネーターとは、お客様の予算や希望に応じて、より思い出に残る結婚式をトータルにプロデュースする仕事です。式そのものの形式、席次、食事、ドレス、ブーケ、引き出物、印刷物などの情報を提供し、結婚式に関するさまざまなアドバイスや手配を行います。お客様の多様なニーズに応えながら、感動的なブライダルをどのように演出していくかが、プロとしての腕の見せどころといえるでしょう。
ブライダルコーディネーターになるために、特に資格が必要と言うわけではありませんが、幅広い知識プラス感性が要求される仕事であることから、専門学校などで学ぶのが一般的です。また、婚礼産業関連の業界団体である(社)日本ブライダル事業振興協会(BIA)が、BIA会員専門学校2年次修了予定者を対象にして「アシスタント・ブライダル・コーディネーター(ABC)検定」を実施しています。合格すれば自身にもつながり、就職にも有利になるでしょう。

ブライダルコーディネーターの活躍の場は?

おもな活躍の場は結婚式場、ホテル、ブライダルプロデュース会社、レストランなどになります。最近では、従来の形式にとらわれず、自分たちらしいオリジナル結婚式を望むカップルが増えていますが、特にそうした場合には、コーディネーターの力量が問われます。
ホテルやレストランでは過酷な競争時代を生き残る有力な戦略として、ブライダルサービスに力を注いでおり、豊かな発想をもったブライダルコーディネーターの需要がますます高まっています。結婚式に関連した幅広い知識を身につけ、経験を積めば積むほど深みのあるアドバイスができることからも、一生モノの仕事といえるでしょう。実力しだいでは、フリーとして活躍することも可能です。

こんな人にベストマッチ

ブライダルコーディネーターは、人と接することが好きで、世話好きの人に最適です
。「この人になら安心して任せられる」とお客様に信頼してもらうためには、誠実で責任感が強いこと、そして、第一印象で好感を持っていただくことも重要です。
一生に一度の晴れの舞台ですからお客様を思う気持ちも大切です。
また、お客様に対する礼儀、マナー、一般教養や社会常識も不可欠。突然のトラブルにも迅速に対応できる機転、お客様を納得させられるだけの説得力、こまやかな心配りも大切な要素です。
結婚式は一世一代のメインイベントであるだけに、ミスは決して許されません。強い体力、精神力も要求されますが、それだけに成功した時の満足感は大きく、やりがいのある仕事といえるでしょう。

仕事に就くまで

  • 専門学校などで基本を勉強
  • 「アシスタント・ブライダル・コーディネーター(ABC)検定」を受検、合格
  • 結婚式場、ホテル、レストラン、プロデュース会社などに就職
  • 「BIAブライダルコーディネーター養成講座」を修了し、資格を取得
  • 現在の職場でさらにキャリアアップや経験を積み、フリーとして活躍

評判のブライダルコーディネーターに関連する本

ブライダルコーディネーター


posted by woman at 14:03 | 接客