2010年11月21日

美容・健康に関する仕事一覧

女性がより美しくなりたい!という女性が自然に思う願望を仕事にしています。
女性ならではの気持ちなので女性に向く仕事といえるでしょう。

資格名資格の概要
ヘアメイク・アップアーティストヘア・メイクアーティストの仕事は、映画やテレビ番組、ファッションショーなどありとあらゆる場面で欠かせない存在です。以前は、おもに美容師さんがヘアとメイクの両方を手掛けていましたが、最近では独立した職業と定着しました。美のクリエーターとして、活躍の場も広がっています。
「美しさ」は女性にとっていつも一番の関心事で永遠のテーマ。最近では、女性だけだなく、男性の「美」に対する関心度も高まっています。こうしたなか、心身両面から美をバックアップするスペシャリスト、「エステティシャン」の仕事は多様化していますが需要増です。
ネイリスト爪にこだわる女性が増えており、なかでも爪は美容の重要なポイントとされています。ネイリストは、爪の手入れやカラーリングなどを行うネイルのプロで、美容業界の最先端をいくスペシャリストとして注目されています。
リフレクソロジスト女性の資格取得者が急増中の足裏健康法です。リフレクソロジストとは、足の裏を刺激する健康法である「リフレクソロジー」のスペシャリストのこと、本場アメリカをはじめヨーロッパ各地では、数多くの技術者が活躍しており、日本でも資格制度がスタートしています。
整体師(カイロプラクター)整体・カイロプラティックとは、独特の手技(手の技術)により脊椎のゆがみやズレを矯正して、人間が本来持っている自然治癒力を高める治療法のこと。頑固な肩こりや冷えなどを解消することができます。薬や注射などに頼らない、現代病に有効な対処法として、医療分野で注目を集めています。

posted by woman at 17:08 | 美容・健康

整体師(カイロプラクター)

整体・カイロプラティックとは、独特の手技(手の技術)により脊椎のゆがみやズレを矯正して、人間が本来持っている自然治癒力を高める治療法のこと。頑固な肩こりや冷えなどを解消することができます。薬や注射などに頼らない、現代病に有効な対処法として、医療分野で注目を集めています。

整体師(カイロプラクター)ってどんな仕事?

現代人の多くは、不自然な姿勢で作業、スポーツや事故の後遺症、ストレスなどが原因で、脊椎がゆがんでいるといわれています。また、そのゆがみは自覚することができません。
整体とは、そうした脊椎のズレやゆがみを手で矯正し、正常や状態に戻して健康を維持・回復させる治療法のことをいいます。なかでも最近良く耳にするようになったのが、カイロプラクティックという療法です。内容は整体とほぼ変わりはありませんが、カイロプラクティックの特徴は、薬や注射、手術などを用いずに、「神経生理機能」を回復させることに主眼をおいていること、また、人間が本来持っている「自然治癒力」を高めて病気を根本的に治すという考え方にあります。これらの治療法は、腰痛をはじめ神経痛、自律神経失調症、ぜんそく、不眠症などに効果があるとされています。アメリカではカイロプラクターはカイロドクターとよばれ、医師と同等の職業として社会的に認知されていますが、日本ではまだ国家資格として認められていません。各民間団体がそれぞれに資格制度を設けているのが現状です。

整体師(カイロプラクター)の活躍の場は?

資格取得後は、整体治療院、病院、整形外科クリニック、鍼灸治療院などに就職するか、独立開業するのが一般的です。
特別な器具を必要としないので開業は比較的楽ですが、顧客を得るためには、確かな知識・技術に加えて経営ノウハウも学んでおくべきでしょう。
なかにはスポーツトレーナー科を設けている専門学校もあり、スポーツ選手のリハビリ・健康管理などに携わる道も開けています。優秀な卒業生を輩出した実績のある専門学校には、非常に多くの求人情報が寄せられていますので、就職率はほぼ100%といえるでしょう。

こんな人にベストマッチ

人と接するのが好きで、「人に役立つことがしたい」という気持ちを常日ごろから持っている人に向いている仕事です。
体を癒すだけでなく、健康相談などのカウンセリング的な役割もまとめられますから、誠実で信頼のおける人柄であることも大切です。
また、新しい施術法の研究に積極的に取り組むなど、プロの治療家として常に技術を磨こうとする姿勢も欠かせません。整体というと、力のいる仕事で男性向きとおもわれがちですが、普通の体力があれば小柄な女性でも大丈夫です。

仕事に就くまで

  • 専門学校で勉強
  • 認定試験に合格、認定証を取得
  • 整体治療院、病院などに就職
  • 独立、開業の道も


整体師(カイロプラクター)に関する本

整体師

整体のスクールの無料資料請求

整体のスクールを探す

posted by woman at 17:03 | 美容・健康
2010年11月18日

リフレクソロジスト

女性の資格取得者が急増中の足裏健康法です。リフレクソロジストとは、足の裏を刺激する健康法である「リフレクソロジー」のスペシャリストのこと、本場アメリカをはじめヨーロッパ各地では、数多くの技術者が活躍しており、日本でも資格制度がスタートしています。

リフレクソロジストってどんな仕事?

最近、足の健康法として注目を集めているのが、日本語で「反射学」と訳される「リフレクソロジー」。
足の裏や甲には体全体の器官や臓器とつながる「反射ゾーン」があり、ここを刺激することで血行を促進し、全身の新陳代謝を活発にするというものです。足裏は第二の心臓とも呼ばれています。
リフレクソロジーには、大別すると東洋式(台湾や香港の足裏マッサージ)と西洋式(英国)があり、最近ではソフトな刺激の英国式が主流。どちらも足の裏を刺激するという点は同じですが、英国式は心身のリラクゼーション効果を重要視しているのが特徴です。室内にアロマオイルの香りを漂わせたり、ヒーリング音楽を流すなどして心休まる雰囲気のなか、指で優しくお客様の足をマッサージします。本場アメリカをはじめヨーロッパでは、すでに職業として確立されていますが、日本では1997年に資格制度が始まったばかりです。専門学校などで勉強し、試験に合格すれば、各団体・学校が認定するライセンスを取得できます。

リフレクソロジストの活躍の場は?

資格取得後は、フットケアサロンやリフレクソロジーサロン、健康・美容サロン、ホテル、スポーツクラブ、靴販売店などに就職するのが一般的です。
みずから施術するほか、インストラクターとして教える道もあります。
イスやベッドがあれば、特に設備はいらないので、自宅で開業したり、クライアントの自宅を訪問して施術するデリバリー形式で働くことも可能です。また、実力しだいでは、国際的なリフレクソロジストとして海外で活躍するのも夢ではないでしょう。従業員の福利厚生の一環にリフレクソロジーを取り入れたいという企業もあり、「癒しのスペシャリスト」として今後もニーズはますます高まりそうです。

こんな人にベストマッチ

人と接するサービス業ですから、明るく好感のもてる人柄であること、あり程度話術にたけていることが第一条件といえるでしょう。話題として話しが続かないのは致命的です。
また、お客様から健康に関する相談をうけることもありますから、親身になって話を聞き、的確なアドバイスができるカウンセリング能力も必要です。そのためには、最新の健康情報を常に吸収しようとするなど、向学心のある前向きな姿勢が不可欠。確かな技術や知識はもちろんのこと、人を癒してあげたい、ストレスを取り除き楽にしてあげたいという気持ちが何より大切です。

仕事に就くまで

  • 専門学校で基礎的な知識や技術を取得
  • 各団体・学校などの認定するライセンスを習得
  • リフレクソロジーサロン、スポーツクラブなどに就職
  • 経験実力を養って、独立開業
  • 海外で活躍できる可能性も

評判のリフレクソロジストに関する本

リフレクソロジスト

リフレクソロジストのスクールに無料資料請求

リフレクソロジーのスクールを探す

posted by woman at 15:42 | 美容・健康
2010年11月14日

ネイリスト

爪にこだわる女性が増えており、なかでも爪は美容の重要なポイントとされています。ネイリストは、爪の手入れやカラーリングなどを行うネイルのプロで、美容業界の最先端をいくスペシャリストとして注目されています。

ネイリストってどんな仕事?

どんなに美しく装っていても、爪が割れていたり、指先が荒れたいたりしたら、せっかくのオシャレも減点です。
欧米では古くから爪の手入れは身だしなみのひとつとして重要視され、日本でもここ数年、爪のおしゃれをファッションの一部として楽しむ人が増えてきました。
こうしたなか、脚光を浴びているのはがネイリスト、ネイルアーティストと呼ばれるスペシャリストで、手や爪のケア、カラーリング、つけ爪といった美容を手掛けます。最近では、爪に絵やデザインを描く「ネイルアート」の人気も上昇中。
しかし、こうした美容面の仕事だけでなく、手足のマッサージ、かたくなったかかとの手入れ、指先を健康的に保つためのアドバイスなどもネイリストの大切な仕事のひとつです。特に資格は必要なく、仕事を始めようと思えば誰にでもできますが、その分、確かな技術やセンスが問われます。プロをめざすなら、まずはスクールなどで基礎づくりをし、その後、実務経験を積むことが必須となります。

ネイリストの活躍の場は?

専門のネイルサロンやエステティックサロンのほか、美容室でもネイリストの需要が高まっています。
最近では、ネイルをを含むトータルメークを行う結婚式場のサロンも増えていますから、今後、ブライダルの世界でも活躍が期待できそうです。
プロになるためには専門のスクールに通うのが近道ですが、エステティックサロン、またはネイルサロンの経営するスクールなら、系列のサロンへ就職できる可能性が高くなります。また、スクールの専門コースで学んだあと、インストラクターとして活躍したり、独立開業する人も少なくありません。日本ではまだ新しい職業ですが、将来性は抜群で、年齢にかかわらず続けられることからも、女性にピッタリの仕事といえるでしょう。

こんな人にベストマッチ

非常に細かい作業なので、手先が器用で、長時間にわたって集中力を維持させられる人でなければ難しいでしょう。また、お客様と常にマンツーマンで向き合う仕事ですから、コミュニケーション能力、人間性も重視されます。しかし、一番大切なのは「美や健康」に興味があり、お客様を喜ばせるために努力を惜しまないこと。ネイルだけでなくファッション、カラーコーディネートなど、トータルな勉強が必要です。美しいネイルアートを施すには、色彩感覚、美的センスも欠かせません。

仕事に就くまで

  • ネイリスト養成スクールで勉強
  • 「ネイリスト技能検定」試験などを受験、合格
  • ネイルサロン、美容サロンなどに就職
  • ネイリスト養成スクールなどで講師として活躍
  • 独立開業の道も


評判のネイリストに関連する本

ネイリスト

ネイルのスクールの無料資料請求

ネイルのスクールを探す


posted by woman at 18:01 | 美容・健康
2010年11月12日

エステティシャン

「美しさ」は女性にとっていつも一番の関心事で永遠のテーマ。最近では、女性だけだなく、男性の「美」に対する関心度も高まっています。こうしたなか、心身両面から美をバックアップするスペシャリスト、「エステティシャン」の仕事は多様化していますが需要増です。

エステティシャンってどんな仕事?

「エステティック」という言葉は、フランス語で「美の哲学・美意識、心身両面における総合美容」を意味する言葉。
美顔、素肌美づくり、痩身、脱毛、ネイルケアなど、一般的に、髪の毛以外の全身美容を手掛けるのがエステティシャンの仕事です。また、美しい肌や体を保つためには、精神的な要素も大いにかかわってくるため、心のケアも大切な仕事のひとつです。最近では、カウンセリングによる心理的療法、エアロビクスなどを取り入れた運動的手法、さらには本格的な栄養管理など、美容のためにさまざまな技術が用いられています。エステティシャンはいわば「美の総合プロデューサー」ともいえる存在ですから、広範囲な知識と技術、教養が欠かせません。
一般的には、養成学校でエステ全般の勉強をして技術を身につけ、その後、エステティックサロンなどにアシスタントとして就職するケースが多いようです。

エステティシャンの活躍の場は?

ほとんどの場合、個人経営やチェーン展開しているエステティックサロンに勤務することになりますが、美容室やリラクゼーションサロン、化粧品会社などに就職する人もいます。
最近では「トータル美容」に対する関心が男女を問わずますます高まっていますので、スポーツジムや病院、リゾートホテルでもエステティシャンを求める声が強くなってきています。初心者でも採用してくれるところもありますが、よい条件で長く働こうと思うなら、まずは養成学校で勉強して、技術をしっかりと身に付けておくべきでしょう。学んだエステの知識や技術は、美容カウンセラー、ネイリスト、美容インストラクター、ブライダルアドバイザー、化粧品販売などの仕事においても大いに役立ちます。経験と実力しだいでは高収入も期待でき、将来的には独立・開業して、サロンの経営者になることも夢ではないでしょう。

こんな人にベストマッチ

エステティシャンは技術職であるとはいえ、基本的に接客が業務の中心となりますから、明るく初対面の人とも楽しく会話ができる人に向いています。
一般的にエステというと、痩身や脱毛といったイメージがありますが、これらはエステティシャンの仕事の一部でしかありません。心身ともにバランスが取れていなければ、いくら外見を磨いても真の「美」は生まれないのです。
こうした意味からも、心理カウンセラー的な役割を果たすことも多いので、相手の話を親身になって聞き、理解し、きめ細かな対応のできる人であることが望まれます。当然のことながら、「美」に対する探求心があり、常に新しい技術を吸収しようとする意欲も大切です。また、立ち仕事が中心となりますので、体力に自信のあることも必要条件といえるでしょう。

仕事に就くまで

  • 高校卒業
  • エステティシャン養成学校などで勉強
  • サロン、美容室、化粧品会社などに就職
  • 経験を積んでエステティックサロンを開業
  • 国際資格ITEやCIDESCOを取得して、国内外で活躍


エステティシャンに関連する本

エステティシャン

エステティシャンのスクールの無料資料請求

エステティシャンのスクールを探す

posted by woman at 15:07 | 美容・健康